薬剤性EDの治療

薬剤性EDになる主な薬物及び改善対策

薬剤性EDとは

薬剤性EDの治療

薬剤性EDとは、常用薬、またこの時期で服用している薬の副作用で引き起こされるEDです。薬剤性EDを引き起こす薬は抗うつ薬、睡眠薬、降圧剤、向精神薬と抗男性ホルモン剤などがあります。以前、薬物の服用でEDが起こる場合、心因性や器質性の原因と間違ったことが多いですが、最近、薬剤性EDは多くの人に重視されています。

薬剤性EDになる主な薬物

薬剤性EDになる主な薬物はうつ病の治療に使われる抗うつ薬や精神安定剤、また高血圧の治療薬としての降圧剤、及びプロペシアなどのAGA(男性型脱毛症)治療薬があります。ここで抗うつ薬や、降圧剤、プロペシアという三種類の薬はEDを招く仕組みを説明します。

抗うつ薬はうつ病の原因とするセロトニンの不足に対して、セロトニン濃度を増加させることで気分を安定させるとともに、興奮作用を抑制することもできます。これによって抗うつ効果を発揮してくれます。しかし、勃起は性的刺激を受けて脳の中枢神経が興奮して、勃起信号を陰茎に伝わって生じますが、それで、勃起には脳の興奮が必要です。抗うつ薬を服用したら、神経に作用して興奮を鎮めてEDになってしまいます。

薬剤性EDの原因薬物

降圧剤は高血圧の治療に開発されているお薬ですが、高血圧でもたらされる動脈硬化による器質性EDを改善する効果があるはずですが、降圧剤を使用後、血圧を下げると同時に、陰茎への血流量を少なくさせることもできますが、十分な勃起が得られないことになります。調査によって、降圧剤を服用した患者は服用しなかった患者に比べて、EDとの併発率が高いと報告されています。また注意すべきなのは降圧剤の種類によって、EDの発症率も異なっています。

AGA治療薬として有名なプロペシアというお薬は5α還元酵素を阻害することで、AGAになるジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンの産生を抑えることができ、AGA症状の改善に優れた効果がありますけど、男性ホルモンの不足にもなってEDを誘発します。

薬剤性EDの改善対策

薬剤性EDの改善対策というと、一般的に薬剤性EDをきたす薬物をEDの副作用がほとんどない薬へ変更したり、またこれらの薬物の服用を中止するに伴って、自然に治ることができますが、もしなかなか改善されていない場合、早めにお医者さんと連絡してください。

他には、薬物を処方してもらう前に、まず薬物の副作用にEDの併発がないか確かめるようにしましょう。更に抗うつ剤や降圧剤を服用している場合、ED治療薬を併用することは薬剤性EDの症状を改善することもできます。