心因性EDの診療

心因性EDの診療

心因性EDの診療

心因性EDとは

心因性EDは器質的な原因はなく、精神や心の問題で生じる勃起不全のことをさします。日本では1100万以上のED患者の中で中高年は大きな割合を占めていますが、最近、心因性EDを持っている若者が多くなっています。それは性的に対する認識が不足、また性体験が浅くて自信がないことでセックスに緊張や不安などの気持ちを抱えるからです。他には、幼児期の体験や過去の性的トラウマなどの深層心因も心因性EDを誘発する重要な原因の一つとされています。

心因性EDの診断

心因性EDの診断について、身体に何かの障害がないため、ただ心理的な問題ですが、診断は難しいと認められています。それで、心因性EDの特徴に対して、患者に関与する最近の仕事や生活、人間関係の状況、早朝勃起の有無、オナニーをする時の勃起状態などの適切な問診が必要となります。それとともに、勃起機能検査を行うこともあります。

また、一般内科や泌尿器科で心因性EDを診察する場合、まず患者にED治療薬を服用してもらい、服用後の効果によって心因性EDか否かを判断することは基本的です。ED治療薬の服用で症状が改善された場合、心因性EDの可能性が高いと認め、もし症状がなかなか改善されていなかったら、ほかの原因を考慮したほうがいいと思われています。しかし、深層心因の場合、ED治療薬による効果も弱いですが、注意してください。

心因性EDの治療

心理療法

心因性EDを改善するためには、患者自身の努力だけで改善されることはほとんどできないと言われていますが、パートナーからの協力が必要です。性体験不足で性的に対する緊張や不安な気持ちを持っている20代の若年患者にとって、セックスする回数の増加に伴って、自然に治ることができますが、そんなに心配する必要はないと認められています。また、仕事や生活からのストレス、パートナーとの関係の悪化による心因性EDの場合、ストレスの解消や、パートナーと一緒に関係を治すことで改善されることができます。更に深層心因の場合、相手に自分の悩みや考えを打ち明けて、二人で協力し合うことが一番の対処になります。

もし以上の方法で症状がなかなか治らない場合、医師と連絡して専門的な治療を求めることがおすすめです。心因性EDの専門的な治療というと、心理療法と薬物療法の両方を併用することは基本的ですが、現実心因と深層心因によって心理療法の仕方は違います。現実心因の場合、一般心理療法やや暗示療法、再教育療法やリラクゼーション、自律訓練法や行動療法などの非分析的アプローチがよく用いられていますが、深層心因で根深い問題を抱える人にとって、精神分析や簡易分析、分析的精神療法や交流分析などの分析的アプローチが多いです。

薬物療法とは、ED治療薬の服用を利用することです。今の人気なED治療薬はシアリスやバイアグラ、レビトラがあり、更に最近、この三大ED治療薬に関連するジェネリック医薬品は先発薬と同じな効果を持つと同時に、もっと安く購入できますから、多くのED患者に愛用されています。