心因性EDの原因

心因性EDの原因とメカニズム

心因性EDとは

心因性EDの原因

心因性EDとは、性行為に対して精神的なストレスや、心奥のコンプレックスなどを原因として起こされる勃起不全のことです。心因性EDの症状というと、早朝で勃起する現象も現れてくることがあり、マスターベーションをする場合でも勃起できますけど、相手の女性とセックスの実戦に臨んでいる際、勃起が起こらないことになります。更に一次体験の失敗によって緊張や不安な精神状態に陥って、悪循環が生じてしまうことも少なくないと言われています。

心因性EDの原因

心因性EDの原因とされるストレスは性的な認識の欠乏、性体験不足や、仕事や家事から産生しますが、人間関係、特に恋人や夫婦関係の悪化で形成することも多いです。他には、昔の体験からのトラウマ、性行為に対する罪悪感などは勃起不全をきたすこともあります。詳しく言えば、心因性EDの「心因」は現実心因と深層心因の二種類に分かれています。

現実心因はセックスに対する過度の緊張、仕事や人間関係、経済上などのストレスや、運動や睡眠不足、疲労などの日常的なものにつながります。また、新婚EDや、結婚をした後の子供作りもこの現実心因に属します。それで、心因性EDは20~30代の若者の中でよく発見されています。現実心因の場合、患者自身が「最近、なんか気持ちが良くない、体も不調だった」と自覚することが多いです。

また、深層心因はおもに患者の内心に潜める情感葛藤、特殊な性癖、過去のトラウマなどを含んでいます。特に初回の性交の失敗、今まで満足な性体験はなかった、及び相手の女性から「早漏ね」、「だめな男ね」などの言葉の暴力を受けた場合、EDが起こりやすいです。現実心因と違い、深層心因を抱えている場合、患者自身が自覚していないことはほとんどです。

心因性EDのメカニズム

心因性EDのメカニズム

心因性EDに関するメカニズムというと、勃起の仕組みを了解することが必要です。正常的な勃起は性的刺激を受ける場合、脳からの「勃起しなさい」という信号を神経を通して陰茎に伝わることで起こりますが、それで、神経や血管に何らかの障害があると、勃起の信号を陰茎に伝わらない、また血液が十分に陰茎へ流れ込まずEDになってしまいます。

心因性EDの場合、精神的なストレスや、セックスに対するトラウマを抱えると、確実な性行為を行う際に大きなプレッシャーを負うことができて自律神経の紊乱を引き起こすことができ、脳からの勃起命令を陰茎にうまく伝達できず、陰茎の海綿体への血流も不十分になってEDが発生します。