生活習慣病

生活習慣病とED

生活習慣病

EDの様々な誘発因子の中で生活習慣は大きな割合を占めています。特に器質性EDになる原因の中で外傷や手術と比べて、生活習慣の乱れがほとんどです。例えば、過度の喫煙や飲酒、ストレス、運動や睡眠の不足、肥満などがあります。これらの不規則な生活習慣によって色々な生活習慣病が誘発されることもできますが、生活習慣病は動脈硬化などの血管の異常を引き起こし、血管を収縮させたり、血行を悪くさせたりすることができ、結局、EDを招きます。

もし生活習慣病を放置すれば、動脈硬化や、心臓病、脳卒中などの危険性が高い疾患を招くことになります。近年以来、よく注目されている生活習慣病は主に糖尿病、高血圧症、脂質異常症といった三種類があります。注意すべきなのは、この三種類の生活習慣病はEDとの関連が強いと認められています。

糖尿病とED

日本では男性の糖尿病患者、また予備軍を含むと約138万人と推計されていますが、調査によって糖尿病は糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症という三大合併症の他には、EDとの併発率も高いです。更に糖尿病でない男性と比べて、2~3倍に上ることを報告しましたが、生活習慣病の中でEDの発症率が最も高い病気とされています。

それでは、なぜ糖尿病になる場合、EDが起こりやすいですか。これは糖尿病にかかって血糖値が長時期で高い状態に維持していますが、血管や神経に損傷を受けて障害が起こり、性的刺激を受ける場合、勃起という信号を脳から陰茎に伝わる神経伝達が滞ることになり、更に伝達できないこともありますが、それで、勃起しにくいことだけでなく、勃起できないことの重度のED症状が現れてくることもあります。

高血圧症とED

高血圧とED

高血圧症とは、血圧値は正常値を超える状態です。数値から見ると、診察室血圧の「140/90mmHg未満」、また家庭測定値の「135/85mmHg未満」の場合、高血圧症とされています。高血圧症になると、血管に大きな圧力をかけることができ、動脈硬化や循環障害をもたらし、陰茎への血流がうまくいかないことになってなかなか勃起できません。

また、高血圧を治療するため、降圧剤を服用している場合、降圧剤の副作用でEDが起こることもありますが、それで、高血圧患者にとって器質性と薬剤性の二つの原因が重ねて複合型EDになってしまう可能性があります。

脂質異常症とED

脂質異常症とは、また高脂血症や高コレステロールとも呼ばれ、血液中のLDLコレステロールと中性脂肪が多すぎ、また少ない状態をさします。高脂血症の場合、血液中に含まれる脂質が多いすぎると、動脈硬化を引き起こしやすくなり、更に脳卒中や心筋梗塞などにかかるリスクも高くなります。これによって陰茎の血管に障害を与え、陰茎海綿体への血流を十分に送り込まずED状態になります。