レビトラ

レビトラ

レビトラとは

レビトラレビトラとは、2003年にドイツのバイエル社が開発してきたED治療薬です。最初のED治療薬バイアグラに継ぎ、いろんな欠点を補って生まれたお薬ですが、世界の第二位のED治療薬とも呼ばれています。レビトラはバルデナフィルという主成分を配合していますが、バルデナフィルの含有量によって主に5mg、10mgや20mgの三つの規格があります。日本では2004年に5mgと10mgの販売許可を取得した、2007年にレビトラ20mgも国内で認可されました。バイアグラに比べて、即効性があるだけでなく、副作用も少ないため、圧倒的な人気を集めます。

レビトラの効果

レビトラに含まれている有効成分バルデナフィルは、バイアグラの主成分シルデナフィルと同じ、PDE5阻害剤とも呼ばれています。レビトラの作用機序を明らかにするためには、まず勃起のメカニズムを了解しておく必要があります。正常な勃起は、性的刺激を受ける場合、細胞内に血管の拡張を促進できるcGMPという物質が多く分泌され、cGMPの働きによって起こります。

ホスホジエステラーゼの5型(PDE5)という酵素はcGMPを壊すことができ、血管を収縮させて勃起しにくくなり、レビトラの主成分バルデナフィルは勃起に必要な酵素としてのcGMPを壊すPDE5の働きを抑制することができ、ペニスあたりの血管を拡張し、ペニスへの血液を十分に流れ込んで勃起を促進し、ED治療効果が期待できます。

他には、レビトラはED症状を改善するとともに、射精するまでの時間を延長する作用もあり、早漏改善にも効果的だと認められています。

レビトラの服用方法

レビトラの服用注意

レビトラの服用は、1日1錠を性行為の約30分~1時間前に服用します。レビトラの有効成分バルデナフィルは水に溶けやすい特徴を持っていますが、即効性があって服用後、15~20分ぐらいで効果が現れてくることができます。効果の持続時間というと、レビトラ10mgで、5~6時間に継続し、レビトラ20mgの場合、8~10時間に達することができます。また、血中濃度が高い状態に維持しないように、服用の間隔は24時間以上を空けてください。

レビトラの服用注意

レビトラの効果を保証すると同時に、副作用を最小限にさせるために、いろいろな服用注意を重視しなければなりません。まず決められた用法や用量をちゃんと守ることが基本的です。過量の服用は効果を高めることができず、逆にひどい副作用を起こす可能性がありますが、注意してください。

次は、バイアグラに比べて、レビトラの効果は食事に影響されにくいですけど、十分な効果を得るために、できるだけ空腹時で服用してください。また、レビトラの併用禁忌薬は硝酸剤、抗ウイルス薬、抗真菌薬、抗不整脈薬などがありますが、一緒に服用することを注意してください。