器質性EDの治療

器質性EDの治療

器質性EDとは

器質性EDの治療

器質性EDとは、病気や外傷などの肉体的な原因でもたらされるEDです。通常、器質性EDを引き起こす原因は加齢、喫煙や飲酒、糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病、また泌尿器科系の疾患、神経の障害、腎不全、陰茎の先天性の疾患、外傷や手術などもあります。一般的に加齢によって体の各機能の衰弱や、動脈硬化で起こるEDは避けられないと認められていますが、これも中高年の男性の中でEDの発症率が高いことの主な原因とされています。特に最近、糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病によるEDが多くの人に注目されています。

器質性EDの治療

以上のように器質性EDを引き起こす原因はさまざまですが、これらの原因によって器質性EDはだいたい血管性、神経性、内分泌性の三種類に分かれています。それで、器質性EDの治療はこの三つの種類に対して異なっています。

血管性EDの治療

血管性ED、すなわち血管障害によるEDは加齢、糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病で起こるEDです。加齢にとともに、血管の老化が進んでいると、動脈硬化になってしまうことができます。そうなると、陰茎海綿体への血流を悪化させてEDを招きます。

血管性EDの治療というと、まず生活習慣を直すことが必要です。また、有酸素運動や陰茎の筋力を鍛えることは、血行をよくさせ、筋力をアップさせることができ、血管性EDの治療にいい効果があります。更に精力の向上やEDの改善に効果がある食物を取ることも、EDの予防や改善に効きます。

神経性EDの治療

神経性ED、また神経障害によるEDのことです。糖尿病の三大合併症の一つとしての糖尿病性神経症、脳出血、てんかん、脳卒中、脳外傷、パーキンソン病、アルツハイマー病などの疾患、またストレスや、喫煙と飲酒による自律神経障害などは神経系の異常を誘発し、性的刺激を受けて「勃起しよう」という信号は脳から陰茎にうまく伝わらずにEDになってしまいます。

勃起補助治療薬

神経性EDの治療は神経障害を引き起こす様々な疾患を治すことに従って、ED症状が改善されることができると言われていますが、通常、神経系障害の修復は時間がかかる必要がありますから、この間でバイアグラ、レビトラやシアリスなどの勃起補助治療薬を利用することも効果的です。

内分泌性EDの治療

内分泌性EDは、男性ホルモンであるテストステロンが低下することで生じますが、テストステロンの減少をもたらす因子は加齢の他には、飲酒や喫煙、ストレスなどの生活習慣の乱れもテストステロンの分泌を抑制し、これによって性欲がだんだん低くなり、ペニスの筋力も低下してEDの症状が現れてきます。

内分泌性EDの治療について、規則正しい生活習慣をつけることは基本的ですが、他には、ホルモン補充療法を行うことは男性ホルモンの低下で起こるEDの治療に優れた効果があります。