器質性EDの原因

器質性EDの原因

器質性EDとは

器質性EDの原因

器質性EDとは、精神的な原因で起こる心因性EDと違って、体に何らかの原因で引き起こされる勃起不全のことです。一般的に器質性EDにかかる場合、患者自身は自覚することができます。外傷や手術、重症などの目立つ身体疾患の他には、前立腺肥大、泌尿器科系の疾患、腎不全、陰茎の先天性の疾患なども器質性EDの原因になります。近年以来、血管や神経系の障害、不規則な生活習慣による糖尿病、高血圧や脂質異常症などの生活習慣病が器質性EDになってしまうケースがより多いです。

器質性EDの原因

器質性EDの原因としては、だいたい加齢や生活習慣、男性ホルモンの減少、及び脳卒中や多発性硬化症などの血管や神経系疾患、更に事故や外傷でもたらされる脊椎損傷などの方面から考えられています。

加齢

加齢によって体の各機能が衰えていく状態になりますが、血管が弾力をだんだん失い、血管の拡張性も低下し、すなわち動脈硬化になってしまいます。これによって陰茎への血流も少なくなって、性的刺激を受けて勃起するまで時間がかかり、硬さも不足で中折れが起こることが多いです。これも若者より中高年の中でEDの発症率が高いことの主な原因とされています。

生活習慣の乱れ

また、不規則な食事、ストレスが貯まっている、運動や睡眠の不足、過度の喫煙や飲酒などの生活習慣が長時期で続けると、糖尿病や高脂血症、高血圧などの生活習慣病を誘発しやすいと認められています。糖尿病の場合、血液中のブドウ糖が増えて陰茎の血管を傷つけることができ、ほかの高血圧や高脂血症は血管に高い圧力をかけて動脈硬化になってしまいますが、いずれもEDを引き起こします。

動脈硬化とED

男性ホルモンの減少

以上の加齢や不規則な生活習慣が重ねて男性ホルモンの異常を招くこともできます。具体的に言えば、年を取るとともに、体力や精力が弱くて男性ホルモンもだんだん減少しています。また男性ホルモンの減少に従って性欲も低くなってしまいます。更に過度の飲酒や喫煙などの生活習慣も男性ホルモンとしてのテストステロンの分泌を低下させることもでき、つまり男性ホルモンであるテストステロンの分泌の減少もEDにつながります。

血管や神経障害

脳卒中、脳出血、脳腫瘍や多発性硬化症などの血管や神経系の疾患、また外傷や事故によって引き起こされる脳や脊椎の損傷は陰茎に関連する神経を破壊することができ、反射機能が麻痺して性的な刺激や興奮は陰茎にスムーズに伝わらなくて、器質性EDとなります。