EDの種類

EDの原因によるタイプ

EDの種類

ED(勃起不全)を引き起こす原因は様々ですが、年齢を重ねるとEDにかかるリスクが高いと言われています。他には、ストレスの蓄積、栄養のアンバランス、運動や睡眠の不足、アルコールの過量摂取や喫煙などの生活習慣を原因としてEDが起こることが少なくないと言われています。最近、若者の中でよく見られているEDはこの原因から考えられています。更に男性ホルモンの低下や外傷、手術などの器質的な原因、及び服用薬物の副作用でEDになってしまう例もあります。

それで、EDの改善には、自分のEDの原因を知って適切な対策を行うことが近道です。これらの原因によってEDは主に心因性ED、器質性ED、心因性と器質性原因が重ねて生じる混合性ED、及び薬剤性EDの四つのタイプに分類されています。種類によって具体的なEDの症状や対応も異なっています。

心因性ED

心因性EDとは、機能性EDともいい、身体には障害がないのに精神的なストレスなど心の不調な状態で生じるEDです。自慰行為や早朝にも勃起できますが、相手の女性とセックスする場合、うまくできないことは心因性EDの目立つ特徴とされています。通常、EDと聞くと、「年を取るために、ダメになっちゃった」というイメージを強く抱えている人が多いですが、近年以来EDや中折れに悩んでいる20~30代の若者も少なくないと言われています。そういったEDのほとんどは心因性EDに属します。

心因性EDの「心因」は現実心因と深層心因の二種類があります。現実心因は仕事や家庭などの日常生活におけるストレスや、過度疲労、精力不足、パートナーとの感情的トラブル、子供作りなどの現実な原因で性欲がなかなか湧かない、セックスに対する緊張や不安、「性行為が面倒」という気持ちに陥ってEDを誘発しやすいと認められています。更に性行為の初体験や、ハネムーンインポテンス、結婚後の妻とはうまくいかない新婚EDなども心因性EDには含まれています。

心因性ED

また、深層心因は、幼児期の体験やトラウマ、パートナーへの愛憎葛藤などを含んでいます。深層心因を持っている場合、患者本人が気づいている場合もあれば、まったく意識していないままEDになってしまうこともよく見られているため、治療が現実心因よりもっと困難だと認められています。

心因性EDを改善するためには、セックスに関する経験が浅くて緊張や不安になると、まず女性と触れ合う回数を増加して体をリラックスしたり、パートナーとの関係に問題が生じる場合なら、悪化している関係を見直したりすることが重要です。もし心の奥に埋めるトラウマを抱えて勃起不全になったら、カウンセリングを利用することが必要です。

器質性ED

器質性EDとは、血管や神経に生じる障害が勃起機能の問題を引きして起こるEDです。器質性EDの場合、朝勃ちがないだけでなく、オナニーでもなかなか勃起できないことになります。脳出血、脳腫瘍、脳外傷、パーキンソン病、アルツハイマー病などの疾患や、自律神経障害によって神経系に異常が発生し、性的刺激を受けて脳からの「勃起しよう」という信号が陰茎にうまく伝達できずEDになってしまいます。

また、ストレス、食事の乱れ、過度の喫煙や飲酒などの不規則な生活習慣、更にそれらの生活習慣による高血圧、糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病は血管壁を傷つけることから始め、動脈硬化になって陰茎あたりの血流を悪化させることでEDをもたらすと認められていますが、体調不良でたまに勃起が不十分で満足な性体験を得ていない場合、不安で自信がないため、心理的な原因で一過性のED症状を悪化させていくことは少なくないと思われています。

器質性ED

更に男性ホルモン低下、老化、前立腺手術後、下半身麻痺、及び陰茎折症や脊髄損傷などの各種外傷、手術、及びそれらの後遺症なども勃起に関連する血管や神経の損害を引き起こすことができ、結局、勃起不全をきたします。特に、加齢によるEDも器質性EDに属します。調査によって日本人の70代男性の約70%がEDに悩んでいると報告されています。これは年を取るとともに、体力や精力が弱くなるだけでなく、血管や神経の機能がだんだん衰えて、血流も悪くなってEDの発症率が高くなることは当たり前です。

器質性EDの治療というと、とりあえず器質性EDを招く血管や神経系の疾患を治すことが大切です。次は加齢で性機能が衰弱する場合、栄養がバランスの食事、適度な運動、充足な睡眠、愉快な気持ちを持つことなど健康的な生活を送るように心がけていれば、EDの罹患率を低くさせることにも効果があります。他には、ED治療薬の服用、男性ホルモンが低下する場合、テストステロンの補充療法を行うことも器質性EDを改善することができますが、もし内服薬で効果がなかなか出なかったら、陰茎に直接注射する『ICI療法』がおすすめです。

混合性ED

混合性EDとは、心因性と器質性の原因が重ねて起こるEDです。血管や神経などの疾患を引き金として心理的な不安や緊張で悪化するケースが多いです。更に最近のストレスや悩みをきっかけとして体の不調を起こして混合性EDになってしまうこともあります。つまり、混合性EDでは、正常な勃起に欠かせない精神的な要素と器質的な要素の両方が不十分なこととなります。

それで、混合性EDが起こる場合、原因を明確にさせることが非常に難しいです。また、治療も困難です。通常、心理的な原因に対する心理療法と、器質的な要素による薬物療法や具体的な血管や神経系の疾患に対する対処療法を併用することは必要です。

薬剤性ED

薬剤性ED

薬剤性EDとは、服用している薬物の副作用によってもたらされるEDです。薬剤性EDは最近で注目されていますが、以前は心因性や体調不良を原因として考えられていることは少なくないと言われています。調査によって日本ではEDの患者さんのわずかな6%は薬剤性EDで、アメリカではED患者全体の25%と高い割合で薬剤性EDとなっています。薬剤の服用によるED症状の他には、性欲の減退や射精障害などの性機能障害が起こることもあります。

一般的に薬剤性EDを引き起こす薬物は珍しいものわけではなく、常用薬の服用で薬剤性EDが生じることもあります。例えば、風邪を引いて風邪薬を服用する場合、性欲が低下し、またなかなか勃起できない体験がある人は少なくないでしょう。更に降圧剤、抗うつ薬やAGA(男性型脱毛症)治療薬の投与で勃起不全が招かれることがよく見られています。それで、手元で常備するお薬を決して軽視できません。

具体的に言えば、薬剤性EDを誘発しやすい薬剤性EDは主に以下のようになります。

  • 中枢神経に作用する薬剤:解熱、消炎鎮痛剤、抗不安薬、抗うつ薬、抗けいれん薬、抗精神病薬、催眠鎮静薬などの向精神薬
  • 末梢神経に作用する薬剤:筋弛緩薬、鎮けい薬、麻酔薬、抗コリン薬
  • 循環器系に作用する薬剤:不整脈治療薬、利尿剤、降圧剤、血管拡張剤、高脂血症用剤
  • 消化管に作用する薬剤:消化性潰瘍治療薬、抗コリン薬、鎮けい薬

薬剤性EDの治療なら、通常、薬物を服用中止することに従って、ED症状がだんだん消えることができると認められていますが、服用中止した後、症状がなかなか改善されることができなかったら、早めにお医者さんと相談してください。しかし、予防として病院で薬を処方してもらう際、医師から処方された薬の副作用の影響を詳しく説明していただきましょう。もし通販サイトで個人購入する場合、薬物の注意事項や副作用をよく理解して購入したほうがいいと言われています。