ED患者の特徴

EDになりやすい人の特徴

一般的に、男性は誰でもEDを持っている可能性がありますが、日本では1100万以上の男性がEDの悩みを抱えていると報告されています。他には、全世界でもED患者数も膨大です。これらのED患者に向けて行われていたアンケート、また臨床調査によってEDにかかる患者は年齢や性格、生活習慣などの方面に一定の特徴があります。これらの特徴を参考して積極的な対応を求めることが近道です。

ED患者の特徴

年齢特徴

ED患者の年齢特徴というと、通常、EDは年齢が上がるとともに増加の傾向がありますが、それで、中高年の中でよく見られています。最近、ストレスや生活習慣等の原因でEDにかかる若者も多いです。しかし、中高年ED患者はやはり圧倒的な多数を占めています。具体的に言えば、EDになりやすい年齢は30代後半~40代前半と、50~60代の二つのピークがあります。30代後半~40代前半のED患者は仕事や経済上のストレス、夫婦関係や子供作りの悩みなどの心因性の原因でEDが起こることが多いです。50~60代のED患者にある多くの原因は更年期障害や男性機能障害とされています。

性格の特徴

EDになりやすい人の性格について、通常、真面目で完璧主義を持っている人は仕事や人間関係の中でストレスを感じやすい、これらのストレスは気づかないうちに溜まってしまうことで大きな負担を抱えて、体力や精力が不足で疲れやすいことになります。更に自律神経の紊乱を引き起こしてEDになってしまいます。こういう性格がある人はうつ病や不安症などの精神疾患にかかるケースも少なくないため、これによる心因性EDになる場合、抗うつ薬や精神安定剤を利用してED症状が改善されることができると言われています。

生活習慣の特徴

喫煙とED

EDは生活習慣に密接な関係があることは周知されていますが、ED患者の中で不規則な生活習慣をEDの原因とされることは数多くです。EDになりやすい人の共通な生活習慣は食生活の乱れ、睡眠や運動の不足、慢性的なストレスや、喫煙や飲酒の習慣を持つことなどがあります。また、過度な勉強やテレビやゲームのやり過ぎもEDを引き起こしやすいです。生活習慣で起こるEDの具体的な仕組みというと、血液の循環を悪くさせることから考えられています。この仕組みによって陰茎海綿体への血流が不足で十分な勃起が得られることはできません。特に過度の喫煙の場合、タバコに含まれるニコチンは末梢血管を収縮させることができ、血管や血流に悪い影響を与えてEDをもたらします。更にタバコを吸うことで生じる活性酸素は血管の内側の細胞を傷つけて心筋梗塞を起こし、EDにつながります。