勃起力低下の原因

勃起力が低下する原因

勃起力が低下する原因はだいたい加齢や老化、血流不足と血行不良、自律神経の紊乱、男性ホルモン分泌の乱れや低下、勃起に必要な栄養素の欠乏、激しいオナニーなどがあります。

勃起力低下の原因

加齢や老化

加齢によって、体の機能が衰えていますが、もちろん生殖機能も老化しています。これによって性欲低下や精力不足を引き起こし、勃起力が低下しています。また、生殖機能の老化に伴って、血液と血管も老化でドロドロになったり、弾性を失ってしまうことで勃起力の衰弱になります。

ストレス

職場や家事からのストレス、夫婦関係の悪化、重大事故などに遭う場合、精神的なストレスやショックを受けることができます。自律神経の紊乱を招き、交感神経の作用が強くなり、副交感神経の働きが弱くなって性行為を行う際、過度の緊張でなかなか勃起できません。他には、ストレスはだんだん溜まってホルモンバランスの乱れを起こすこともでき、勃起力に悪い影響を与えます。

運動と睡眠不足

仕事を中心として、また交通が発達している時代で生活している現代人にとって、運動不足になりやすいと言われています。運動不足によって体力や精力の低下がきたされやすいことだけでなく、筋力低下や血行不良が起こることもできます。筋力が低下すると男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が減少し、血行不良で陰茎海綿体への血流が不足、またうまく流れ込まれることができなくて勃起力の不足、更に勃起できなくなってしまいます。
睡眠が不足する場合、脳にストレスを与え、コルチゾールというホルモンの産生が誘発され、コルチゾールの作用によって血管が収縮して血流が滞りやすくなって勃起力の低下を起こします。更に睡眠不足は免疫力低下に密接な関係があり、体調不良になりやすくて勃起力を下げます。

飲酒とED

喫煙や飲酒

喫煙や飲酒の習慣を持っている場合、タバコに含まれるニコチンは血管を収縮する働きがあり、この働きによって勃起時に海綿体に流れ込む血液量が少なくなり、血行不良にもなって勃起力を低くさせてしまいます。また、アルコールの過剰摂取は全身の神経を鈍化させ、性的刺激を受ける場合、勃起信号はペニスにうまく伝達できず、更にアルコールを分解するために、ビタミンやミネラル、アミノ酸などの勃起に欠かせない栄養素を大量に消費する必要がありますが、いすれも勃起力の低下をもたらしやすいと言われています。

激しいオナニー

激しいオナニー、またオナニーのやり方が正しくない場合、過度の刺激に慣れると、正常的な性的刺激に対して勃起しにくくなり、特に注意すべきなのは間違ったオナニーは陰茎あたりの神経や血管を損害する恐れがあり、勃起力を弱くなったり、更に勃起力を失う可能性もあります。