AGA治療薬とEDの関係

AGA治療薬とEDの関係

AGA治療薬とEDの関係

ED(勃起不全)は薬物の副作用で発生することは最近、多くの人に注目されています。薬剤性EDになる薬物は抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬などの中枢神経に作用する薬剤、麻酔薬や筋弛緩薬などの末梢神経抑制剤、高血圧に対する降圧薬や利尿薬、抗癌薬や、AGA(男性型脱毛症)治療薬などのホルモン剤があります。特に、プロペシアなどのAGA治療薬を利用した患者によって、ED(勃起不全)の症状がよく発見されます。

AGA(男性型脱毛症)の原因

AGA(男性型脱毛症)とは、男性ホルモンであるテストステロンの過剰分泌で起こる脱毛症状です。若年、また中年男性の中でよく見られています。進行性の脱毛症として、具体的な表現は額から頭頂部の髪がだんだん細くなり、脱落してしまいます。また、AGAは成人男性が持っている大きな悩みの一つとされています。

AGA(男性型脱毛症)の原因というと、テストステロンという男性ホルモンに密接な関係があると言われていますが、しかし、テストステロンは髪の毛の成長に直接に作用して薄毛を引き起こすことではなく、Ⅱ型5αリダクターゼという酵素の働きによって毛根部のジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに変換され、ジヒドロテストステロン(DHT)は強い作用を持っている男性ホルモンとして、増加すると毛根を攻撃し、頭髪の成長を邪魔して太い毛に成長する前に薄くなったり、抜けたりしてしまいます。

AGA治療薬プロペシアの作用機序

AGA治療薬としてプロペシアはよく知られています。今、世界で60カ国を超えるAGA患者はプロペシアを利用しています。プロペシアの作用機序というと、AGA(男性型脱毛症)の主な原因になるジヒドロテストステロン(DHT)の生成に欠かせないテストステロンという男性ホルモンの分泌を抑制することで、AGAの症状を改善します。

AGA治療薬とEDの関係

AGA治療薬とED薬の併用

プロペシアというAGA治療薬の作用機序から見ると、勃起に必要なテストステロンという男性ホルモンはプロペシアの服用で減少して、そうするとEDになりやすいことは当たり前です。もしテストステロンの減少によるEDの症状を改善するために、テストステロンの補充療法を行う場合、AGAの症状を悪化させることの悪性循環の状態になります。

AGA治療薬とED薬の併用

それで、AGA治療薬とED薬の併用はオススメです。ED治療としてのストステロンの補充療法とAGA治療薬は相互に影響する他には、経口ED治療薬のバイアグラや、レビトラ、シアリスなどの服用は脱毛を引き起こすこともできますから、更にバイアグラ·レビトラ·シアリスの併用禁忌薬の中でプロペシアやミノキシジルなどの薄毛治療成分は含まれていませんが、併用することは問題ないと考えられています。